はじめにBABYMETALありき

出会い。というか気づき。

2015年暮れ

いつものようにYoutubeをダラダラとなんとなく眺めている時のことだった。
ある動画が目に止まる。

「ベビーメタルか」

暇つぶしにネットを徘徊する人間であればベビーメタルの存在くらいは知っている。
もちろん曲も聞いたこともあったし、映像も見たことがある。
ヘビメタとアイドルの融合、真中の女の子の周りで二人のチビッコが跳ね回ってる。
“ベビメタの子分がでかくなってる件”とかいうスレを見て、
おぉ! 子分でかくなってる。人んちの子供はでかくなるの早いね。
なんて、
まぁ一般人よりはちゃんと認識していたと思う。
ただ、それだけだった。知っているだけ。
この時は、ベビーメタルになんの興味も想いもなかった。
この動画をみるまでは…

最近は海外で頑張ってるみたいだな
ちょっと見てみるか。

「ん?」

なんか会場でかくね?…

そして目撃する…

その時見たのはこのオフィシャルの動画ではなかった。

たぶん、無数に存在するファンカムの一つだったと思う。

聴いた曲も「イジメ、ダメ、ゼッタイ」ではなかったかもしれない。もうソニスの動画見すぎて、何を一番最初に見たのかまるで覚えていない。

只々、衝撃だった。

これは何? フジロックみたいな野外コンサート? なんでこんなに人がいるの?
客ほとんど外人じゃん! えぇ??!!! ベビーメタルどうなってんの?

つーか

「歌、上手くね?」

これまで何回か動画を見たはずだが、この時初めて気づいた。
真ん中の子、歌が上手い。

そこから他のソニス動画を見まくった。

気付いたら涙が出ていた。

日本人の10代の女の子が遠い異国の地で、全力でパフォーマンス。現地のメタルファンを沸かせている。そしてなによりもボーカルの女の子の歌声に感動した。

いままで音楽を聞いてここまで感情を揺さぶられた経験が無い。
強いてあげるとするならば、初めてオーケストラを生で聴いた時、鳥肌が立った。だがそれは初めて聞く、生楽器の音圧によるものだと思う。
今回はPCからのYoutube動画、最終出力は100均のイヤホン……。音圧とか音質とかそういうことじゃない。

それからはベビーメタルにハマる人が辿る道を忠実にトレースすることになる。
Youtube等の動画サイトでのファンカム漁りだ。

時は2015年暮れである。
ベビーメタルは2010年から活動している。
見るべき動画は山のようにあったはずだが、毎日のように見ていると、ひと月もしないうちに大抵のものは視聴してしまった。
もうここまでくれば、立派なBABYMETALファンである。

三人の名前はもちろん。神バンドのメンバーやKOBAMETAL、BABYMETALの来歴など等。ひととおりの情報は把握した。

そして、もちろんこのCDも入手。

持っていないあなたはこのCDは絶対に入手するべきである。

これがBABYMETALである!

捨て曲無しと言われているアルバムであるが、あえて一番を選ぶとするなら私は

「ド・キ・ド・キ☆モーニング」

と回答する。

メタルサウンドを使ってはいるが、思いっきりアイドルソングである。

が、「知らないフリはキライ! キライ!……」からサビにかけての流れがめちゃくちゃハマってしまった。そしてほぼ同率ながら次点は、まるっきり曲調が違うので「ド・キ・ド・キ☆モーニング」と比べられるものではないのだが

「紅月」

である。

ライブ映像で何度涙が流れたかわからない。その中でも一番響いたのはこの時のものだろう。

ヤバイ、ちょっと見入ったら目頭が・・・。
ちなみにこの動画はオフィシャルの映像に観客の盗録をあわせたもの。
CDのアレンジとは全く違うが、この時の「紅月」が至高だと思う。

BABYMETALを再認識した際の最も衝撃的だったことは

SU-METAL = 中元すず香

との出会いである。

もちろん、もっと前から知ってはいたが、この歌唱力になぜ気づかなかったのだろう。やはり「アイドル」というバイアスでBABYMETALを見ていたからか。いや、そもそも音楽に興味が薄れてきていたというもの大きな要因のひとつだろう。年齢を重ねるごとにあまり音楽に接しなくなっていった。これは他の中年男性も同じなのではないかとおもう。

だが今では

SU-METAL様!!!!!!!

くらいの勢いで崇めている中元すず香である。

今ではもう披露していないが、曲が少なかった過去にはカバーも歌っていた。特にお気に入りは「魂のルフラン」。これを聴いて改めて歌が上手いと認識した。

何回も見てるのに必ず魅入ってしまいます。

そしてこれも聴いてみるといいよ。

アニソンの兄貴達に混じっても負けてません。たしかこの時JAMの人にアニソン界に救世主が現れたって言われてたんだけど、まだアニソンは歌ってないですね。ソロ始めたら歌って欲しい。

そしてさらに、Youtubeを視聴しているとサイドバーでおすすめされる動画に中元すず香の過去の動画が紛れてくる。

まず視聴してみたのは中元すず香が広島のアクターズスクール時代のもの。スクールの発表会的なものなのだろう。

あぁ、ヤバイ、一気にもっていかれる感じ……
心を鷲づかみにされて、グィングィン揺さぶられるこの感じ…
わかるだろうか?

BABYMETALにハマる前に聴いていたらどう感じただろう?
歌上手い子供が歌ってる。くらいの感想しか沸かなかっただろうか?
多分そうかもしれない。

だが今は違う。

BABYMETALをきっかけにスイッチが入った

もちろん音楽に対するものだが、感じ方が以前とはまるで違う。心に来る感じ?
「エモい」ということが今ならすごく分かる。「バイブスすげぇ」もすごく分かる。
今まで聞いていた他のアーティストの曲もBABYMETAL以前と以降でまるで別の感じ方になった。心を揺さぶられるボーダーラインがすごく低くなった。ちょっとしたことで感動したり。涙が出たり。単純に歳をとっただけなのか?

 

やはり中元すず香である

BABYMETALを探っていくと必ず行き着く所、それは

さくら学院

である。

一ヶ月もかからずにBABYMETALと中元すず香にガッツリと心奪われたが、さくら学院を見る気にはならなかった。もちろんBABYMETALの母体はさくら学院で、その中での部活動という、いわゆる企画でのユニットが重音部「BABYMETAL」であるのは知っているが、この段階では「さくら学院」まで掘り下げて見ようとは思っていなかった。単純にアイドルには興味がなかったし、そこまで有名でもなかったので地下アイドル的なものと感じていた。単に中元すず香が突出しているだけで、グループのパフォーマンスは大したことないだろうと考えていた。

そう、この時点では………

2016年初頭。この時セカンドアルバム、そして英国ウェンブリー・アリーナでのライブはすでに決定していたが、それまでの間、いわゆるベビメタロスといわれる新しい情報がなにもない状態であった。

BABYMETALのファンカムも見尽くしてしまったし、ほかに見るものもないので「さくら学院」の動画に手が伸びた。はじめはBABYMETALの3人が出ているものだけ見ていた。

こういうのね。

ゆいもあ、ちっちゃwww

 

書きかけ、つづく…